カリキュラム構成

教養学部二年冬学期から、都市工学科のカリキュラムは組まれています。必修科目と実験や演習が中心となります。両コースともに、演習が週に三日、午後の時間帯に用意されています。また、四年の冬学期には全員が卒業研究に取り組みます。

必修科目以外は、自分の学問的関心に合わせて、聴講する科目を自由にカスタマイズできます。他コースの講義はもちろん、他学科や他学部の講義も採ることができます。詳細は、右の工学部のページから、それぞれの科目のシラバスを読むことができます。

標準時間割

教養学部2年冬学期の標準的な時間割(平成30年度)

 
1
地球環境工学   都市計画概論 都市デザイン概論 都市交通論
2
基礎流体力学
環境公衆衛生
構造の力学
環境工学概論
都市計画概論 都市デザイン概論
基礎流体力学
構造の力学
都市情報科学概論
3
基礎技術設計論Ⅰ
基礎技術設計論Ⅱ
緑地計画概論 環境水質化学 基礎技術設計論Ⅰ
基礎技術設計論Ⅱ
都市環境概論
4
基礎統計
社会調査法
都市居住概論 数学1A 環境計画基礎演習(環境)
都市計画設計製図(計画)
環境計画基礎演習(環境)
都市計画設計製図(計画)
5
  情報学概論  

3年夏学期の標準的な時間割(平成30年度)

 
1
応用水理学   生態学・生態工学 環境微生物工学  
2
都市住宅論 地域デザイン概論 土地利用計画論 都市・まちづくり法 水環境学
3
都市工学数理演習(前期)
都市工学の技術と
倫理(後期)
都市工学演習A
第1(計画)
都市工学演習B
第1(環境)
環境反応論 都市工学演習A
第1(計画)
都市工学演習B
第1(環境)
都市工学演習A
第1(計画)
都市工学演習B
第1(環境)
4
都市交通
システム計画
5
都市工学グローバル輪講第1 都市工学輪講第1 情報工学概論    

3年冬学期の標準的な時間割(平成30年度)

 
1
  まちづくり論   水質変換工学  
2
都市計画史 都市経済 国際都市地域
計画論
廃棄物資源循環学 都市安全計画
3
上下水道システム 都市工学演習A
第2(計画)
都市工学演習B
第2(環境)
産業・生活と
環境技術
都市工学演習A
第2(計画)
都市工学演習B
第2(環境)
都市工学演習A
第2(計画)
都市工学演習B
第2(環境)
4
都市開発
プロジェクト論
大気環境学
5
都市工学輪講第2 都市工学グローバル輪講第2    

4年夏学期の標準的な時間割(平成30年度)

 
1
         
2
現代ツーリズム論 都市社会論 職業指導 都市解析 国際環境公衆衛生
3
地区の計画と
デザイン
都市工学演習A
第3(計画)
都市工学演習B
第3(環境)
都市工学演習A
第3(計画)
都市工学演習B
第3(環境)
  都市工学演習A
第3(計画)
都市工学演習B
第3(環境)
4
環境システム解析  
5
都市工学グローバル輪講第1 都市工学輪講第3      

4年冬学期の標準的な時間割(平成30年度)

 
1
         
2
卒業研究 卒業研究   卒業研究 卒業研究
3
   
4
   
5
  都市工学輪講第4 都市工学グローバル輪講第2