カレンダー

Calendar

2019年度S1S2ターム

2019 S1S2 Term

講義の場所:工学部14号館1階141教室(演習は別の教室の場合があるのでシラバスを確認)

時間割・シラバス

平 日
[6限]18:40-20:05

都市空間政策特論第3 1単位 都市空間政策特論第4 1単位 超高齢社会の
まちづくりⅠ
6限・7限(8コマ)
超高齢社会の
まちづくりⅡ
(8コマ)
担当:大方潤一郎 シラバス
※2019年3月27日更新

都市空間政策特論第6 1単位 都市と環境Ⅱ
6限・7限(8コマ)
担当:古米弘明 シラバス

都市空間政策特論第9 1単位 持続可能な
都市圏計画論
6限・7限(8コマ)
担当:瀬田史彦・片山健介 シラバス
※2019年7月9日更新

都市経営戦略第1 2単位 都市産業と経営戦略
6限(16コマ)
担当:
信時正人・城所哲夫
シラバス
※2019年3月27日更新

都市空間政策特論第2 1単位 安全・安心まちづくり論
6限・7限(8コマ)
担当:加藤孝明 シラバス
※2019年3月30日更新

                      都市空間政策特論第1 1単位 都市地域計画論・
街並編
6限・7限(8コマ)
担当:窪田亜矢 シラバス

都市空間政策特論第5 1単位 都市地域計画論・
コミュニティ編
6限・7限(8コマ)
担当:小泉秀樹 シラバス

都市空間政策特論第7 1単位 緑地環境計画論
6限・7限(8コマ)
担当:横張真 シラバス
※2019年3月27日更新

都市持続再生学特別講義 1単位 学術研究基礎
6限・7限(8コマ)
担当:原田昇・
瀬田史彦・樋野公宏・
飯田晶子
シラバス

都市空間政策特論第8 1単位 都市輸出論
6限・7限(8コマ)
担当:城所哲夫 シラバス
※2019年4月18日更新

都市空間政策特論第10 1単位 都市地域政策の
構想と展開
6限・7限(8コマ)
担当:
増田寛也・瀬田史彦
シラバス
※2019年5月9日更新

応用都市空間政策論第1 1単位 スマートコミュニティ論
6限・7限(8コマ)
担当:小泉秀樹 シラバス
※2019年7月17日更新

[7限]20:10-21:35

都市経営基礎第3 2単位 都市再生・不動産開発
事業とファイナンス
7限(16コマ)
担当:
遠藤薫・和良地克茂
シラバス

土 曜
[3限]13:00-14:45[4限]14:55-16:40[5限]16:50-18:35

まちづくり演習第2 3単位 パブリックライフ/
パブリックスペース
(7コマ)
担当:中島直人 シラバス

ランドスケープ・
デザインコース
(7コマ)
担当:飯田晶子 シラバス
※2019年5月9日更新

コミュニティ・
デザインコース
(7コマ)
担当:小泉秀樹 シラバス

【講義・演習について】
※各授業開始時に教室入口に出席簿が置かれますので、履修生はチェックを入れてください。6限7限連続講義の場合も、7限開始時に新しい出席簿が置かれますのでチェックを入れてください。
※都市持続再生学コース以外の学生にはメールによる各種案内は行われません。定期的に141教室前の掲示板をご確認ください。
※講義内容の変更等は、本ウェブサイトではなく、授業中の担当教員による通知が優先いたします。不明な点がある場合は担当教員にお問い合わせください。

【修士研究について】
※修士2年以降に修士研究を行う方は「都市持続再生学特別演習」(必修・2単位)を履修ください。学期に2回のジュリー発表が義務付けられています(S1Sタームは5月・7月)。

2019年度A1A2ターム

2019 A1A2 Term

講義の場所:工学部14号館1階141教室(演習は別の教室の場合があるのでシラバスを確認)

時間割・シラバス

平 日
[6限]18:40-20:05

都市空間政策概論第3 1単位 都市情報の分析Ⅰ
6限・7限(8コマ)
担当:浅見泰司 シラバス

都市空間政策概論第4 1単位 都市と環境Ⅰ
6限・7限(8コマ)
担当:古米弘明 シラバス

都市空間政策概論第5 1単位 都市地域計画論・
基礎編Ⅱ
6限・7限(8コマ)
担当:村山顕人 シラバス
※2019年9月27日更新

都市空間政策概論第8 1単位 都市防災概論
6限・7限(8コマ)
担当:加藤孝明 シラバス

都市経営基礎第1 2単位 都市空間のマネジメント
6限(16コマ)
担当:瀬田史彦 シラバス

都市空間政策概論第1 1単位 都市地域計画論・
基礎編Ⅰ
6限・7限(8コマ)
担当:村山顕人 シラバス
※2019年9月27日更新

都市空間政策概論第7 1単位 都市情報の分析Ⅱ
6限・7限(8コマ)
担当:高見淳史 シラバス

都市空間政策概論第2 1単位 都市の交通政策Ⅰ
6限・7限(8コマ)
担当:原田昇 シラバス
※2019年11月21日更新

都市空間政策概論第6 1単位 都市の交通政策Ⅱ
6限・7限(8コマ)
担当:原田昇 シラバス
※2019年11月21日更新

都市経営戦略第2 2単位 都市の文化・観光政策
6限・7限(16コマ)
担当:窪田亜矢 シラバス

都市経営基礎第4 2単位 都市社会論
6限・7限(16コマ)
担当:
小泉秀樹・三浦倫平・祐成保志
シラバス

[7限]20:10-21:35

都市経営基礎第2 2単位 都市の公共政策と
法制度
7限(16コマ)
担当:明石達生 シラバス

土 曜
[3限]13:00-14:45[4限]14:55-16:40[5限]16:50-18:35

まちづくり演習第1 3単位 日常生活圏のまちづくり
(7コマ)
担当:
城所哲夫・須永和久
シラバス

持続可能な都市圏計画
(7コマ)
担当:
横張真・村山顕人・瀬田史彦
シラバス

【講義・演習について】
※各授業開始時に教室入口に出席簿が置かれますので、履修生はチェックを入れてください。6限7限連続講義の場合も、7限開始時に新しい出席簿が置かれますのでチェックを入れてください。
※都市持続再生学コース以外の学生にはメールによる各種案内は行われません。定期的に141教室前の掲示板をご確認ください。
※講義内容の変更等は、本ウェブサイトではなく、授業中の担当教員による通知が優先いたします。不明な点がある場合は担当教員にお問い合わせください。
※「まちづくり演習第3」「まちづくり演習第4」は学生の希望を踏まえ、開講することがあります。開講を希望する場合は、都市工学専攻の教員に相談してください。

【修士研究について】
※修士2年以降に修士研究を行う方は「都市持続再生学特別演習」(必修・2単位)を履修ください。学期に2回のジュリー発表が義務付けられています(A1Aタームは11月・1月)。

カリキュラムの概要

Curriculum
都市再生に必要とされる広範で先端的な理論・知識の獲得
社会情勢が大きく変化する中で都市再生に必要とされる基礎知識も大きく変わりつつあります。都市再生に関わる広範な領域について21世紀COEプログラム「都市空間の持続再生学の創出」の研究成果を反映した講義群を提供し、最新かつ基礎的な理論、知識、技法・技術を獲得します。
また、先端的な理論・知識を教育している都市工学科都市計画コース、都市環境工学コースの講義を各受講生の関心に応じて選択することができます。
現代的都市再生課題に対応した実践的技法・技術と企画構想力・調整能力の獲得
省庁担当者や先進自治体担当者、まちづくり・開発実務家等を講師陣に加え、実践的な知識と技術を獲得します。
ケースメソッド方式を取り入れ、最新事例の実践理論、技術・技法の評価を行い、企画構想・調整に必要な実践的知識を獲得します。
海外研究者や実務家による特別講義、海外都市計画大学院生との交流
欧米、アジア諸国の一線級の研究者による特別講義やフォーラム、海外大学院生との相互交流演習を行います。
学生の実務に直結した修士研究
卒業後の実践にも役立つように、学生の実務や関心に直結した修士研究を行います。

※詳しくは「修士研究」ページをご参照ください。

卒業後のフォローアップ
ホームページ、メーリングリストを通じた卒業生同士の情報交換の機会を提供します。また、卒業生を対象としたフォローアップ講演会・夏季特別講義等を企画開催します。
カリキュラム

※詳しくは「カリキュラム」ページ、及び「コース案内」の4~5ページの図をご参照ください。

主な講義

Lecture

都市空間政策(選択・各1単位/半学期)

都市の空間計画、交通政策、環境政策、安全・安心、都市福祉政策、都市のガバナンスといった広範な領域について、充実した講師陣による最先端の講義によって、現代の都市づくり・まちづくりに必要な知識を獲得します。

都市経営基礎(選択・各2単位/1学期)

マネジメント、行財政制度、住宅・不動産開発、都市社会論といった広範な領域について、社会科学系の基礎知識を体系的に獲得します。

都市経営戦略(選択・各2単位/1学期)

都市の産業と経営戦略、都市の文化・観光政策といった講義群により、都市経営や都市政策の立案に必要とされる、より実践的な知識を獲得します。

特別講義

省庁担当官等による都市関係制度・事業、自治体による先駆的試み、最新の都市開発事例、海外の著名研究者による講義、海外都市計画大学院との相互交流演習等を予定しています。

まちづくり演習(1年次)(必修・各3単位/1学期 全6単位

日常生活圏のまちづくり、持続可能な都市圏計画、中心市街地=ダウンタウンの再生、都市空間・環境・コミュニティのデザインの4つの主要課題を対象に、都市再生の第一線で活躍する専門家(非常勤講師を含む)による実践的指導のもと、政策・手法・戦略・事業の企画構想・提案を行います。演習では、ケースメソッド方式の講義を踏まえつつ構想・提案を行います。

※講義科目の名称・内容はいずれも予定です。

修了に必要な要件・学位

Requirement

所定の30単位を修得し修士論文を提出すること。
※単位の内訳・取得時期等は「コース案内」の8ページをご参照ください。

学位:修士(工学)